腰痛の原因は子宮にあった

こんにちは、リモネはり灸院です。

 

当院では必ず初診でお腹、顔周りを触診し

内臓の状態をチェックします。

 

 

触診では患者さんが気づかないような

小さな不調や未来に起こりそうな不調まで

皮膚に表れます。

 

 

Y さんはもともと耳の不調で来院。

同時に腰痛の治療もしていました。

めまいも腰痛も良くなり一旦治療を卒業しました。

 

しばらく経ってから

「腰痛がひどくて。診てもらえませんか」と来院されました。

 

 

触診をすると子宮、膀胱に強く反応が出ていました。

 

聞くと「実はこの数か月PMS(月経前症候群)と生理痛が酷くて

1週間近く腰痛と腹痛が続くんです」と話していました。

 

 

生理前の子宮の内膜は厚くなり、

子宮の緊張度が高まります。

 

緊張度に加えて、子宮内膜に小さな炎症があると

その上にある腹筋や皮膚が緊張し、その結果お腹が痛くなります。

 

 

また反射を介して後ろ側にある

腰やおしりの筋肉を固くさせて腰痛になります。

 

そう説明をすると

「確かに鍼灸治療をしていた時期は腰痛も生理痛も軽かった」と話していました。

 

それ以来、毎月生理前には身体のメンテナンスを

兼ねて必ず治療に来られます。

 

腰痛と腹痛が格段に減り、薬を使わなくて済むので

家の用事が捗ると喜んでいました。

 

岩橋

リモネはり灸院

〒670-0012兵庫県姫路市本町227