夜のトイレの回数が減りました

Hさんは60代。

もともとめまいの症状で来院しました。

 

初診で腹部の触診をしたとき

膀胱の部分の皮膚の反応があまりにも強く出ていたので

「トイレは近くないですか」と聞くと

 

夜、何回もトイレに起きてしまうことを

教えてくれました。

そして腰痛の自覚もありました。

 

寝ても度々トイレに行くために

起きてしまうので
ぐっすり眠れなかったそうです。

 

日中のトイレの回数はあまり気にならない様子。

 

 

膀胱に小さな炎症があると内側の粘膜

が過敏になり内圧を高め、

トイレが近くなります。

 

 

また膀胱の不調があると後ろ側の腰やおしりの

筋肉を固くさせてしまい

腰痛の原因になります。

 

めまいと同時にお腹と腰の治療をして

2ヶ月経つころには

夜中のトイレの回数が減りました。

 

多い時は一晩で3、4回行っていたのに

平均して2回、少ないときは1回にまで減ったそうです。

 

来院されていたのが冬の寒い時期

だったので特に喜ばれました。

 

膀胱の状態がいいと腰の調子もよくなるので

体調管理として自宅でも

お腹にお灸をしているそうです。

 

岩橋

リモネはり灸院

〒670-0012兵庫県姫路市本町227