原因不明の胃痛

30代のBさんは8ヵ月ほど前から胃を中心に腹部の痛みがあり、張りを感じていました。

内科で診てもらっても特に異常はなかったそうです。

徐々に胃の痛みは強くなり、背中に痛みも出てきました。

原因はわからず症状が悪化することに気分まで滅入ってしまい

元気だった頃と比べて体重は7キロも痩せてしまいました。

痛みの特徴は毎日夕方から夜にかけてひどくなり、

休日は緩和するのでBさんも不思議に思っていたそうです。

原因がわからない不安から夜つきも悪くなり、

心療内科で安定剤や睡眠導入剤、睡眠薬を処方されました。

それでも胃と背中の痛み、寝つきの悪さは改善されず

鍼灸治療を受けることにしました。

触診すると胃の不調がお腹の皮膚に顕著に表れていました。

胃の不調が反射性に背中の筋肉を固くし、痛みとなり、

また寝つきの悪さは鼻が原因でした。

治療をはじめて1ヶ月、5回までは胃と背中の痛みに変化が感じられず

Bさんも「このまま続けて大丈夫だろかと」と心配だったそうです。

その後も一進一退の変化でしたが7回目くらいの治療から徐々に胃の痛みのが減り、

夕方からの背中の痛みも軽くなってきました。

ぐっすり眠れるようになったので顔色はよくなり、

体重も少しずつ戻ってきました。

「体力を取り戻すために運動を再開したい」と

前向きな発言に回復を感じました。

 

岩橋